今年はかなりの数のガンダムを作りましたが(ガンダムだけだったかな ?!? )、今回の滞在時に作るモデルが底をついてしまいましたので、新たなことに挑戦しようかと思って”ネット漁り”をしております。

塗装技術(まだまだ未熟ですが … )はもとより、”細かな筋彫り” … これはモデルのディテールアップ技術の中では一番難しいかと思っていますが”挑戦”しがいがあるかと思います。

なにぶん初心者ですので、大切なモデルの「失敗をリカバリーする方法」を習得してからということにしました。

【参考サイト … 無許可リンク

新規モールド堀り(スジ彫り)のやり方
スジ彫りシンメトリー編~製作の「ゐ・ろ・は・」其の12
ガンプラ講座~筋彫り編~
スジ彫りヤスリ ゴッドハンド レビュー(店長の腕はまだ未熟編)

mat modeling service >>
* 最近mつけて参考にさせて頂いているサイトですが、”ガンプラ道楽親父”には到底真似の出来るものではありませんが、”道楽親父風”にアレンジさせて頂いていいものを作りたいと思っておりますので、皆さんも参考にして下さい。

さあ、上手くいきますかどうかは全く分かりませんが、努力だけは認めていただきたいと思いつつ、まずは”長い目で … 遠い目で”見てやって下さい。

トップコートと研ぎ出し作業

最終の仕上げですので、この作業がうまくいけばモデルの仕上がりは格段に良くなること間違いなしですね。でも、なかなか上手くいかないのが世の中 … 道楽親父の人生そのものだ !!

そこでまたまた参考サイトをご覧下さい。
【参考サイト … 無許可リンク

研ぎ出し [紅の豚 サボイア 製作記]

* 私の感想 … そんなの聞きたくなくても。ここは聞きなさい !
私の使用トップコート: Mr.COLORのGXスーパークリアー Ⅱ
最近ではもっと良いクリアー塗料(クレオス … 前回”ジョーシンの店員さんが勧めてくれたけれど銘柄は忘れました ?!?”)があると思いますけど、ここのところ使っているのでこれを使っています。

普段より薄く希釈して吹き付けますが、今回は一部でダレ(吹き付け過ぎて塗料が溜まっている部分が出来てしまうこと)が起きますが、そこは注意して吹いて下さい。

デカールの段差消しも含めて 3〜5回程度薄めながら吹きます。そして良く(3日〜1週間が良いでしょう。)乾燥させます … 乾燥が甘いと、それまでの努力が … 考えたくありませんね。

ペーパーがけですが、まずは 600、1500、2000、3000番と、順に根気良く磨いていきます。決して、一気に磨こうとは考えないで下さいね。前に貼ったデカールが禿げてしまったり吹いたトップコートを削りすぎてしまいますのでね。すぐに下地が出てしまう、突起部やエッジは特に慎重に磨いて下さい。

ここでコンパウンドで磨いてフィニッシュにする場合もありますが、もう一度クリアーを重ねる方法もあります。

クリアーは薄めてありますので、5回程重ねていきます。これでかなり”テカテカ 艶々”になりましたが、エッジやパネルライン付近はまだちょっぴり均一になっていない部分が残っていますが、この程度ならコンパウンドで磨けば何とかなります。

これでコートは”フィニッシュ” !!

この方法はガンダムだけでなく”車のボディー”や”バイクのボディー”の塗装には最適ではないでしょうか ? これで次回(2017年1〜2月)日本からお持ち帰り予定の”紫のドゥカティ 1199 パニガーレS“、”フェラーリ FXX K“の製作が益々楽しみになりました。

“反射テープ”貼り付けチューンナップ仕様