FA-78 FULL ARMOR GUNDAM THUNDERBOLT “Ver.Ka”がほぼ出来上がって、最終のトップコート吹きを残すのみとなっていますが、このところセブ島はお天気が … 悪い !!

湿気がかなり有り”塗装”には完璧に不向きです。一般的な塗装はもとより、最終仕上げのトップコート(艶あり)には湿気は禁物なのですよ。空気中に湿気が多いと”トップコートが被っちゃう”(皮膜が曇っちゃう)のですね。

Mr.COLOR スーパークリアー

ラッカー系のスプレー塗料です。水性と同じく「光沢」「半光沢」「つや消し」の3種類があります。水性に比べ、ラッカー系は塗膜が強いというメリットがあります。しかし、下地がエナメル、アクリルだとラッカー系は浸食(溶かす)します。また、デカールなどはドロドロに溶けてしまいます。

塗料は塗ったときは液体ですよね?塗料に水分が含まれているからなんですが、塗面の水分は気化して「乾いた」状態になります。しかし、湿気が多い=湿度が高いところでは、塗面の水分が気化できずに、ごくごく小さい水滴になって塗面に残されたまま固まってしまいます。

これが湿気によるかぶりで、塗面はくもった様な感じになってしまいます。

塗装は晴れた日にやるのが鉄則なんですよね。

というわけで、天気が良くなり次第作業を再開したいと思います。

それまでは新しいこのウェブ・サイト「不定期 ガンダム新聞」を整備する作業をしたいと思います。

モデル紹介のページが “45Page” も有りますので大変な作業になります。

道楽親父の THUNDERBOLT 完成の画像