フィリピン・セブ島に住む"道楽親父"が自作するガンプラの記事やガンダムについて"不定期"に発行(書く)新聞

RX-0 UNICORN

RX-0 UNICORN PG 1/60

4745792150_5bcd749f6a

道楽親父の PG 1/60 RX-0

RX-0 ユニコーンガンダムが登場!ユニコーンモードからデストロイモードへの”変身”を完全再現。全身の赤いサイコフレームは特殊集光性樹脂を採用。”変身”時に開閉可動するブレードアンテナは、マグネットをインサートしユニコーンモード時の一本角を美しく再現。デストロイモード時に露出するアンテナの内面はゴールドで彩色済み。【付属品】シールド×1、ビーム・マグナム×1、ビーム・マグナム用予備弾倉×1、ビーム・ガトリングガン×2、サーベル×4(ビーム部分×2)、ハイパー・バズーカ×1、専用ディスプレイベース×1 【商品内容】成形品×47、スライドマーク×1、ホイルシール×1、組立説明書×1

「玩具 道楽親父」はまた、熱が出てきているようですが(37,5℃ くらいかな ?!?)、こんなもので買い込もうかと画策しており、毎日「ヤクオク」と「アマゾン」やガンプラ販売サイトを追っかけております。 … 他にすることないんかね〜え !!

でも、こんなことでもしてなければセブ島では無職で何もしていない私には”日がなし何もすることが無い”ので御座います。毎日一所懸命働いてる方には本当に申し訳ないと思っております。でもね … 本当に何もすることが無いのだから、次回セブ島に持ち帰る暇つぶしの材料を検討することは、私にとって非常に大切なことの一つなのですから !!

このモデルは異様に高額商品なんですよ。
本体:¥16,000〜¥20,000
LEDユニット:¥9,500〜¥12,500
拡張ユニット:¥10,000〜¥15,000

この価格は鬼嫁には決して知られたくないですね … あくまで格安で「ヤフオク」で落札しましたと言っておくことにしましょうかね。でもまだ入札段階ですから、この入札が上手くいかなければ暫くは”熱”も治るかもしれません。

今からいろいろなサイトで画像を探して、自分の制作過程の参考にしようと思っています。まずは「上手な人が作った作品を模写するところから始めなければ”ガンプラ初心者”は抜け出せない。」と確信しております。

来年(2017年)からは拠点を日本へ移そうとしているのに何を考えているのでしょう … しかし、新規に始める事業がすぐに軌道にのるという訳ではありませんし、当分は日本での自宅で暇つぶしが続くと思われます。

PG モデルも3体作りましたし、そろそろ「ガンプラ”パチ組”」を卒業しなければ笑われちゃうと考えていて、いろいろな技を使った製作に入っていきたいと希望します。そんな訳で塗装関連用品も”漁って”おります。がははは〜あ !!

パーツの整形〜LED配線〜拡張ユニット製作

いよいよ、ヤフオクで落札した製作途中の UNICORN GUNDAM の製作に取り掛かることにしましょう。

前の所有者がかなりのガンプラ玄人らしく、細かな筋彫りや”タボの改造”などいろいろなところに工夫を凝らしてあり、勉強をしながらの作成の続きとなります。しかし、ガンプラの”パチ組 親父”としては非常にハードルの高い作業であることは間違いないことで、かなりの時間を費やしてもほんの僅かな進歩といった進捗状況で御座います。

外部装甲へのメタル・ボールとメタル・ビーズでのディテール・アップを施してみました。しかし、1mmや1,5mmの部品ですのであまり目立つようなことはなく、ほんの気休め、自己満足でしかないといって仕舞えばそれなりの代物で御座います。

ピンセットで部品の表裏を確認したり、ピンバイスでも穴あけにも気を使いますし、次回からはこんな作業はしたくない … こういった類の作業は別のものでやっていこうかと考える次第で御座います。

LEDユニットの組み込み

ヤフオク落札物件の LED UNIT が遅れて届きましたので、例によって本日”開封の儀”を済ませて、早速中身の確認と説明書の簡単な読み込みをしました。

素組ではないのですが、前オーナー様がパチ組で本体を組んでありますので手順の “2” に従って接続をしなければなりません。組みながら UNIT を設置する方法がいいのか、組んでから新た目てUNIT を組み入れるのかはその人の好みの問題と理解しました。

私は組みなから入れて行く方が簡単ではないかと思いますので、これから作ろう … LED UNIT を仕込もうとする方は参考にしてみてください。

LED UNIT はなにぶん社外製品 ?!? でありますので、何から何までぴったりという訳にもいかず、試行錯誤の繰り返しで「頭部」、「胸部」、「腰部」、「腕部」、「脚部」の手順で進めてみました。

8時間くらいやりましたが、まだ完成つはいかず「今日はここまで … 」ということにしました。明日からは2〜3日間は用事がございまして、集中して作業ができないかとおもますので、残りの配線(左脚部と点灯試験)だけは済ますつもりです。


それにしても「LEDの配線処理」が上手くいきませんねえ。あまりいい加減にして処理してしまって、「後から問題を起こしても … 」と思い、出来るだけ丁寧に処理をしているつもりですが、”道楽親父”は電気屋さんではありませんし、ましてや”プロ”の”ガンプラ・モデラー”でもない私には「何事も経験」といった感じです。

それに本体の細かな部品がポロポロと取れちゃって … 完成後はポージングに関係しない部品は接着剤で固定してしまおうかとも考えております。まあ、あれやこれやとポージングして”遊ぶ歳”じゃあないし、完成後の写真撮影をしてしまえば、飾っておくだけになってしまうでしょうからね。

ここまで … !!

日本でも1〜2か月間放置したままで、セブ島に持ってきてからもかなりの時間が経ちましたが、他の機体の製作がある程度ひと段落しましたので「継続製作」です。

モードは”デストロイモード”で仕上げることにしましたので、ある程度は接着剤を使用してパーツを固定する予定です。なにぶん小さなパーツも多く、”ぽろり脱落”がよく見られるための”応急処置”でございます。細かなところへまだまだ”メタルパーツ”を組み込む予定です。まずはバックパックの4個のバーニアを変更 !

最後の画像は製作の参考にさせて頂いているネットで見つけた画像で御座います。このように出来れば良いのですが、さあ、「どこまで近づけるかな ?!?」

そうそう、「拡張キット」のビーム・マグナムやビーム・ガトリングガン、シールドなどの「ウェポン」の準備もしなくてはなりませんでした。もう一つ梱包があったはずですので、開けてみて確認作業をすることにしましょう。

デカール貼り〜LED点灯

PAGETOP
Copyright © 道楽親父のガンダム新聞 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.