フィリピン・セブ島に住む"道楽親父"が自作するガンプラの記事やガンダムについて"不定期"に発行(書く)新聞

RX-0 UNICORN F.B. Ver.

RX-0 UNICORN F.B. Ver. PG 1/60

23909-5

道楽親父の RX-0 UNICORN F.B. Ver.

完成理想 …

今回は製作に取り掛かる時点での前準備があまり良くありませんでしたので、武器の製作から入っていきます。* サイコフレームなどのパーツの下地色の処理・仕上げのための塗料が十分に揃っていない。

1)ビーム・マグナム
2)ハイパー・バズーカ
3)ビーム・ガトリングガン (a×2,b×2)
4)シールド (×3)

今回の武器の製作、塗装にあたっては1)、2)、3)については基本的に黒色系(黒鉄色またはブラックメタリック)を使っていきます。細部には銀系、金系のメタリックで”多少のお飾り”を入れていきますが、ストックしてあるメタルパーツの中で使えるもがあればそれも使っていきます。

まずはパチ組をして手順の確認をしていきますが、同じものを幾つか作るというのは飽きますね。今回は拡張キットは組みませんんで、その手順は半分以下といったところでしょうか ?!?

シールドにつきましてはパールホワイトで仕上げますが、白ないしサフェーサーで下地を作ってから軽くパールホワイトを吹きかけてデカールをつけてトップコートといった手順で進んでいきたいと考えております。

まずは各パーツの切り出しと800番から2000番のペーパーで下地を整えます。前回もそうでしたがこのユニコーンガンダムは素材がしっかりできているというかあまり問題ございません。ボディーの白は塗装などしなくてもそのままでも行けるのですが、そこはちょっとだけ拘って今回も「パールホワイト仕上げ」で行ってみることにします。

武装パーツの切り出し〜ペーパーがけ

胸部の塗装と組み立て

全ジュルしたかもしれませんが、白い装甲板(外装)はパールホワイト、フレーム部分は黒鉄色またはシルバー・ブラックやメタルシルバーで塗り分けます。

スミ入れをしてトップコートと行きたいのですが、墨入れした機体はあまり好きではありませんので、軽く墨入れをしてみます。黒とグレーの墨入れ用のエナメル塗料がありますが、グレーを入れてみてそれなりに見えるようであればグレーの墨入れにしたいと思います。

脚部組み立て

今日は集中力がなくあまり作業が進むませんでした。当初の計画変更で昼間はユニコーンガンダムの脚部の一部製作に止まりました。白の外装(装甲部品)は脚部俄然づ出来上がった時点で「塗装作業」をするつもりです。

夜はデンドリュウムのファイバーの”敷設作業”をしたいと思っていますが、如何なることやら … ああ〜、疲れた !!

組み込み・塗装・LED配線・点灯

今日はお休みの予定でしたが、暇な道楽親父はガンダム作りに邁進してしまいました。午前中には残りの塗装を済ませて、午後には腰部に組み上げとLED配線、夜に入って腕部の組み上げとLED配線、点灯試験 … 最終組み上げをしました。

ユニコーンガンダム LED電飾完成 !!

と、思ったら右足の太ももが点灯しません … きっと LED の向きが逆に取り付けられているのでしょう ??

PAGETOP
Copyright © 道楽親父のガンダム新聞 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.