フィリピン・セブ島に住む"道楽親父"が自作するガンプラの記事やガンダムについて"不定期"に発行(書く)新聞

MSN-06S SHINANJU

MSN-06S SHINANJU

8bc44695763e543b67d786a138aeb8b8-150x150
4543112620514

道楽親父のMSN-06S SHINANJU

登場の背景

第二次ネオ・ジオン抗争の後、衰退したネオ・ジオン(通称「袖付き」)において運用されている機体。外観は、装飾を施し、ジオニズムを具現化したような意匠となっているが、列記としたアナハイム製MSである。

連邦軍による「UC計画」の一環として試験的に開発された機体で、その目的はネオ・ジオンよりもたらされた”サイコフレーム”の実験機として、ユニコーン、バンシーへデータをフィードバックするためである。

サイコフレーム自体は、サザビー、νガンダムですでに実戦投入はされていたが、ムーブバルフレーム全てをサイコフレームとするユニコーン、バンシーの開発には、より多くのデータが必要とされた。そのため、この機体にはファンネルといった類のサイコミュデバイスは搭載されておらず、あくまでサイコフレームによる高いレスポンス性を機体制御、機動性へ活かすことに特化している。その証とも言うべきものが、全身に配置された多数のスラスターと、その推力と機動性を維持するための推進剤を充填した大型プロペラントタンクである。

これらにより、22mを超える大型MSでありながら、既存機とは比較にならない非常に高い機動性を実現することに成功している。しかし、そのデータこそユニコーン、バンシーへ引き継がれたものの、機体自体はネオ・ジオンに奪取されることとなる。ただ、これについては、奪取に見せかけた”譲渡”との噂もあり、真実のほどは定かではない。

装備は、大型のビームライフルにグレネード、ビームサーベル、ビームアックスと中距離から近接戦に対応可能。しかし、装備内容、シールド形状、機体色が、シャアの愛機であったサザビーと酷似しており、パイロットであるフル・フロンタルをより”シャアの再来”と印象付ける機体となっている。

MG(マスターグレード)で発売

2007年最後のMGであるユニコーンに続き、2008年最後のMGとなったシナンジュです。

ユニコーンと同じくVer.kaブランドですが、可動性を捨て、変形を重視したユニコーンとは異なり、このシナンジュは非常に高い可動性を実現しています。加えて、複雑かつ流麗な曲線美を見事に再現しており、可動性だけではなくプロポーションもレベルの高い仕上がりとなっています。

発売前から噂の絶えなかった金縁の対応は、色分けではなくホイルシールと水転写デカールの選択式。しかし、ホイルシールの出来が非常によく、お手軽に楽しむユーザーもかなり満足できる仕上がりではないかと思います。

それ以外の色分けはほぼパーフェクトで、可動性、スタイルと共に完成度の高い年末の目玉MGに相応しいキットと言えるでしょう。

マハバーニアSNJ RedのCP66-SNJRed セット

ガンプラ等のキット付属のバーニアと置き換えるだけで簡単にディテールアップが出来ます。

【販売価格】5,450円 … これを高額と思うか思わないかは貴方次第ですがね … ?!?

内部のノズルにアノダイジング処理をしたノズルのNVP6Rシリーズを取り入れたセット構成です。CP66 マハバーニアレッドシリーズを22組、組み合わせて、MGのシナンジュのすべてのバーニアを置き換えることができます。バーニアの多いMGのシナンジュを手軽にしかも無駄なくディテールアップできます。

以下に添付した画像にある各部位にあったバーニアを取り付けるだけです。

簡単に出来るのはもちろん、キット全体に統一感が出て完成度もぐんと上がります。プラ素材では再現が難しい、精密でキレイな仕上がりで、取り付けるだけで簡単にディテールアップができます。もちろんメタルプライマーで下地処理後、お好みの色に塗装することもできます。素材は全てアルミです。

cp66sinanju

組み立て・塗装

2015年10月購入:ここでは”ガンプラ 道楽親父の”「ガンプラ初心者脱出作戦」と題して、”コツコツ”・”ボチボチ”とそのミッションを進めていきたいと思います。きっとかなりの日数がかかると思いますが、お付き合いいただけると「道楽親父」はきっと喜ぶでしょう。

まずは例によって「開封の儀」からのスタートでございます。

開封してみて全体をチェック … 本体の装甲の成形があまり良くありませんね !
そこで、今回の制作にあたっては装甲(外観)にエアブラシでサフェーサーを吹いて「GSIクレオス 【塗料】ガンダムカラー限定色 XUG01 シナンジュレッド」で仕上げるつもりです。

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2

サイコフレームもそのままじゃああまりにも面白くないと思い、「艶消しの黒色」ないし「光沢ありの黒色」で仕上げるつもりです。塗装の上手い下手が分かりにくい色 … きっと”艶消し”になると思います。

d099d886ed65ef765625779e628d2c5f 08776ee37e8ffff4ce65c2f8882a62c0

完成画像

おまけ … “SINANJU HEAD” 陳列台


* なかなか、おしゃれな陳列台だと思いませんか ? … ヤフオクで落札した商品で、確か800円(送料別)だったと記憶しています。

改造・改修

普段、私はフィリピン・セブ島に住んで居ますのでガンプラ(模型)は、日本へ一時帰国した時に仕入れてきて制作しております。その関係で時にはモデル不足、材料不足になってしまいます。その時には定職の無い私はそれまでに作った”作品(駄作)”の「改造・改修」の作業で時間を潰しております。

私の場合には何でも「人マネ(コピー)」から入るのが上達への近道を考えて居ますので、まずはネットで調べて参考になるような作品を物色します。そして、自分では試したことのないような手法を見つけてマネをしてみます。上手くいけばそれで良いのですが、いかなくても「自己責任」で納得しちゃいます。(私はそんな”良い加減”な性格です。)

では、下記の画像は今回の改造・改修の参考にするものです。まずはカラーリング … 全体的な見た目を良くするにはバランス … 今、使っている塗料の中で気に入っているのがブルー系のウルトラマリンブルー(ガイアカラー)”限りなく幻想に近い青 … 模型用としては再現不可能とされたブルーここに再現”このキャッピコピーに絆されて使っております。

簡単な”心変わり ?!?”

自分で作ったモデルではありますが、オリジナルに忠実 ? に製作した”シナンジュ・レッド”の機体 … 塗り替えたりするのがなんだかもったいないような気がしてきてしまいました。「じゃあ」って、ことで次回日本へ帰国した折(2017年1月)に”メタルパーツ”も含めてもう一体持ち帰って製作することにしました。

これが”道楽親父”の”流儀”ですね !!

PAGETOP
Copyright © 道楽親父のガンダム新聞 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.