フィリピン・セブ島に住む"道楽親父"が自作するガンプラの記事やガンダムについて"不定期"に発行(書く)新聞

MBF-P03D ASTRAY Blue

MBF-P03D ASTRAY Blue

%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%b8%e3%82%93%e3%82%88%e3%81%8f%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f-%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%afpng
1

道楽親父の MBF-O03D ASTRAY Blue

諸元

アストレイ ブルーフレーム Astray Blue Frame

型式番号 MBF-P03
全高 17.53m
重量 49.8t
装甲材質 発泡金属装甲
武装 アストレイ標準装備
対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー
強化ビームライフル
フル・ウェポン
コンプリートセンサー
ハイスピード・ブースター
ハンドガン(ショートライフル)
(M68キャットゥス 500mm無反動砲)
(MA-M3 重斬刀)
(MMI-M8A3 76mm重突撃機銃)
搭乗者 叢雲劾
ロウ・ギュール
8(ハチ)
風花・アジャー
アストレイ ブルーフレーム フル・ウェポン
Astray Blue Frame Full-Weapons
武装 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
ビームサーベル×2
M68キャットゥス 500mm無反動砲×2
M68パルデュス 3連装短距離誘導弾発射筒×2
8連装短距離誘導弾発射筒
対ビームシールド
攪乱用チャフ弾
(MSサイズの手榴弾)
アストレイ ブルーフレーム スケイル・システム
Astray Blue Frame Scale-System
武装 対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー×2
スーパーキャビテーティング魚雷発射専用銃
(ビームライフル)
アストレイ ブルーフレーム ショートレンジアサルト
Astray Blue Frame Short Region Assault
武装 ビームサーベル×2
対装甲コンバットナイフ・アーマーシュナイダー
コンプリートセンサー
ハンドガン(ショートライフル)

解説

中立コロニー・ヘリオポリス崩壊の裏側で起こっていたアストレイ処分騒動において、叢雲劾がロウ・ギュールより譲り受け、以降長きに渡り愛機となった試作3号機。フレームの色の青はオーブで局地戦仕様を意味する色であり、「オプション装備のスペック検証機」として開発された。
自国のオーブ、盗用した連合だけにとどまらず、ザフトすらも含めた膨大な量のオプション・データが移植済みだったため、傭兵である劾に絶大な恩恵をもたらしてゆくこととなった。それらを装備したブルーフレームは、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B』の副題「オペレーション(TACTICS):○○」に含まれる一文から通称されることが多く、「ある目的を達成するための能力に特化させた状態」と同義でもある。
そして、ブルーフレームの大きな個性となったのが「頭部ユニットの交換機能」を最大限に活用した点であり、簡単なジョイントさえ作ってしまえばどんな装備でも付けられる規格とを組み合わせることで、他のプロトアストレイシリーズ以上に外見を頻繁に変化させ、まさしく臨機応変を体現した機体となった。

アーマーシュナイダー

劾が最も愛用する兵器の一つで、ストライクなどが持つ物の独自改良型。通常は鞘(シース)に納められ、そこから抜くとグリップ内から刃が飛び出すという(手品のビックリナイフのような)ギミック[37]などが特徴。さかのぼってガイ専用ジンの頃からすでに使用しており、本機ではリアアーマーに設置され、初めて使ったのは機体入手後ほどなくしてから。なお、後述の「スケイル・システム」では太ももの正面に変更される。
以降も含めてブルーフレーム用アーマーシュナイダーのデザインは漫画家・ときた洸一が担当している。

強化ビームライフル

「ASTRAY B 『オペレーション01(TACTICS 04):ビーム・ライフル』」に登場。アストレイ標準装備の物を改造したのではなく、全く別のライフルにエネルギー・ビーム変換器などを移植したもの。極限まで高めた威力は通常の3倍にもなったが銃身が耐えられるのはたったの一射だけで、任務終了後に移植部は取り外された。

フル・ウェポン

主にザフト製の実弾火器で固められたオプションセット。長時間にわたって多くの敵と戦うための装備で、電力消費の激しいビームライフルは持たない。弱点は重武装ゆえの重さだが、撃ち尽くしたものから破棄することでカバーする。地球連合に雇われての任務(アルテミスの用心棒、連合の地上部隊)などで選択された。小説版では、似た重装備のジンを見た風花にからかわれたイライジャが「劾だってよく使う」と言い返すも、「劾の場合は条件が合う時だけ」と一蹴されていた。

ウェポンラック

独自開発のジョイント・ユニット。本体側バックパックを下げて空いたスペースに装着され、ミサイル・ポッドと予備のM68キャットゥスを懸架するために使われる。なお、バクゥのオプション兵器・400mm13連装ミサイルポッドを基にした前者は、横4発×2段の8連装仕様に改造されたもの。
ちなみに、『ASTRAY B』連載誌におけるフル・ウェポン模型作例では本器背面下部に赤い円筒状の「MSサイズの手榴弾」1個を装備しているが、ときた洸一による全身イラストおよび「SEED ASTRAY 第1巻 『Parts 2 対決! アストレイ対アストレイ』」を見る限り存在せず、その他関連外伝作品の「世界内」で使用(登場)した例もない。

攪乱用チャフ弾

シールド裏に装着された独自の目眩まし(ジャマー)兵器。初出時から設定画はなく模型作例もなされなかったが、ときた洸一『SEED ASTRAY』第1巻では、4枚の空力制御翼がついたミサイルとして描かれていた。

コンプリートセンサー

ミラージュコロイドを見破るために用いられたオプションで、本機初の頭部交換ユニット。強化された各センサーと、得た情報を解析する専用コンピュータの2段構えからなる。在来MSとは比較にならない性能である反面、エネルギーの消費がすさまじく、OSにも大きな負荷をかけるため長時間は使用できない。武装はイーゲルシュテルンを除いて本体標準装備そのまま。

ハイスピード・ブースター

暴走状態の高速実験艦を捕捉するために用いられた大型ブースター。ただし理論では可能でもパイロットには多大な負担がかかり、コーディネイターである劾ですら長時間の加速で気を失うほどだった。高速移動艇等の高性能エンジンを組み合わせてこの任務のためだけに製作された。武装はイーゲルシュテルンとサーベルのみ。

スケイル・システム

ブルーフレームの水中戦オプションで、水中用センサーの頭部ユニット、背中の強力な水中ジェット、四肢に装備されたスケイル・アーマーなどで構成される。このシステムは、アーマー表面に並べられた無数の鱗(Scale)を模した機器を振動させて推力とする技術で、在来のザフト水中用MSとは設計思想が全く異なるものであり、通常ありえなかった「スライド移動」をも可能にした。また、振動のパターン次第ではフォノンメーザー砲を防御することも可能だが、ダメージは残るので緊急時のみの使用法である。なお、潜水用ではないため比較的浅い深度での運用に限られる。武装はアーマーシュナイダーと下記魚雷銃の2つだが、「ASTRAY B 『オペレーション11(TACTICS 13):フライト・ユニット』」ではビームライフルで戦っていた。デザインは町田能彦(スタジオオルフェ)が担当。
『天空の皇女』では、改修型のセカンドリバイ用に新技術を導入して再開発される。
スーパーキャビテーティング魚雷発射専用銃
スケイル・システムのメインウェポンで、超音速魚雷を6発備える。同様の兵器はザフトにも存在するが、ソナーが重視されていない対MS戦では互いに脅威となる。

ショートレンジアサルト

『SEED ASTRAY special edition』[18]にて公開された装備で、非常に狭いフィールドで超接近戦をするためのものとされる。別称 潜入ミッション用近接戦装備。コンプリートセンサーは後年発のリファインデザイン型で、1本だけ持つアーマーシュナイダーは後述の「セカンドリバイ」型。ハンドガンは後述の「フルアーマー・フェイズシフト」の物と明記されており(ちなみに画稿では左腕に装備)、改装経歴が前後した組み合わせになっている。したがって公式の物語内では未確認だが、かなり近い状態の姿が後述の「セカンドG」にて確認されている。

ハンドガン(ショートライフル)

前腕部の装甲側と合致するフォルムのマガジンを、オプション装着などで使われる穴状ラッチに挿し込み、手に持つ銃本体の下部と連結させて弾薬を供給する実弾火器。一般的な拳銃とは異なるデザインなので、『SEED』本編でカガリが使った接触回線用のワイヤー射出器に近い。
上記連載においてはショートライフルと書かれている。また、全体のリデザインと共に、トンファーとナックルダスターを足したような形状を応用して打撃用途にも使える強度があることや、セカンドリバイ型アーマーシュナイダー装着用のフック状パーツが銃底の前部先端にあるなどの設定が追加され、棟側にある枝鉤状の返しを使って固定することでバヨネットとしても使える仕様になっている。

開封の儀(製作過程) 〜 完成画像

製作過程(塗装も含む)

完成画像

PAGETOP
Copyright © 道楽親父のガンダム新聞 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.