私は12月14日(金)に約1ヶ月の予定でセブ島に戻ることとなりました。

これからクリスマスや新年をセブ島(海外)で過ごそうと予定されている方も多いかと思いますが、日本は相変わらずの”平和呆け” … そんな”ぬるま湯”の中で暮らす我々は外務省の「海外安全情報」などを参考にして、楽しい旅行をしてください。

事件事故に巻き込まれてしまうのは、運が悪かったでは済まされない事で、“危険な所へは近づかない”、”滞在する国の法令を遵守する”、”危険薬物(覚せい剤、マリファナ、危険な錠剤など)の使用は絶対にしない … 国によっては死刑、無期懲役も有り得ます。”そうした自己防衛が大切です。

それでなくてもこのシーズン税関職員が薬物や弾丸などを、旅行者のバックや荷物に仕込む(セット・アップ)こともありますので、空港での注意も必要です。奴らの口癖は … クリスマスだから、”気持ちだけ”とたかりに来ますが、それなりに知らぬ存ぜぬではありませんが、やり過ごすことが大切です。さの際には決して大声での対応はしないで下さい。すぐに別室にしょっぴかれますよ !

街中では子供のスリ・掻っ払いの集団も多く存在しますので、それなりの注意が必要です。手口についてはいろいろありますので、ネットで各自調べてみてください。最近では少なくなってきているようですが、古典的な睡眠薬強盗、トランプ詐欺などにも注意しましょう。

年末年始という訳ではありませんが、深夜のタクシーへの一人での乗車 … 運転手が強盗に早変わりってことも良くある話です。慢性的な交通渋滞のセブ島ですから乗車時間帯によっては一般の流しのタクシーでは”乗車拒否”が予想されますので、その対処も必要になってきます。セブつではあまりメジャーではないかと思いますが、携帯電話を使って”グラブタクシー”などを使うことをお勧めいたします。そう言う私は使ったことがありませんので、次のリンクを参考にしてみてください。
セブ島の安全な移動手段「ウーバー・グラブタクシー」を徹底解説

来年になりますと、セブ島の1大祭り”シニョロ”がありますが、この時期フィリピン全土のスリ・掻っ払い集団が大挙して仕事をしにセブ島へやって来ますので、パレードの見物に出かけることを予定されている観光客の方々は注意してくださいね。

何れにしても観光客(外国人)はお金を持って歩いていて絶好のターゲットとなっていますので、十分注意して楽しい旅行をしてください。

私からのアドバイス:

  • 高価なもの(iPhone,iPad,MacBook Air など)を持ち歩かない
  • 危険な場所に立ち入らない
  • 時間によらず一人で行動しない
  • ジプニー(小型の個人乗り合い運搬車両)、トライシクル(バイクの相乗り運搬車両)には乗らない
  • クラブ、ディスコでの甘い誘いには絶対にのらない