代表は決勝トーナメントに行けるかな … ?!?

明日の夜はきっと興奮しちゃうだろうね ! 勝っても負けても”勝負”は時の運と言いますが、道楽親父はそうじゃあないと思っているのですが、出た結果にはそれなりの「過程」があってのことであると思っています。

そこへいくとこのワールドカップを前に”指揮官” … 監督を交代せざるを得なかった日本 … 非常に難しい場面だったと思いますが、新しい監督はよくもここまでチームを仕上げたもんだと思います。それもこれも今まで作ってきた”基礎”がしっかりしていたからこそ出来たことですがね。

これまでの2試合であれこれ言われている選手もいますが、サッカー・チームは 11人で構成されますので、誰一人としてプレーや考え方が駄目なメンバーが居てはまとまらないのです。これをなんとかまとめあげて試合に臨むのがキャプテン(主将)の”キャプテンシー” … 長谷部の力の見せ所ですね。

メディアでは長谷部派、本田派などと言いたいことを言って居ますが、長谷部は伊達に主将を長く(2010年-)やっている訳じゃあありません。そこはなんとかしてくれるので大丈夫だと思っています。たとえ長谷部が先発メンバーを外れても、しっかりとその役目を果たしてくれることでしょう。またそれに期待したいし、それができる男だと道楽親父は思います。

長谷部誠 Wikipedia

プレーする選手、ベンチの控え選手、スタンドで応援する観客、日本でテレビ観戦しながら応援する人 … この時だけは日本が一つになって「日本代表」を応援しましょう。そして決勝トーナメントの期間を楽しい期間にしましょうね。

* それにしても昨夜のデンマーク対フランスの”90分の球蹴り(スコアレス・ドロー)”は明らかに「ブーイング対象」 … “イエロー”を飛び越して”レッドカード”の試合でしたね。あんなゲームじゃあ、早く寝てアルゼンチン対ナイジェリアを観たほうが良かった。