2〜3日前に”ヤングマン”、”傷だらけのローラ”で人気を博した道楽親父世代の昭和のヒーロー「西城秀樹さん」が亡くなった。何回かの脳梗塞を克服して再起のリハビリ途中で、とても残念なことだと思っています。

近年では色々な病気を持つ「病気のデパート”道楽親父”」としては、「明日は我が身か ?!? 」身につまされる思い出ある。

昨年から早期年金受給を始め、嫁には「遺族年金受給の方法」を説明したり、もしも私が高齢の母親から遺産を相続していた場合(法定相続人は私一人だけ)の「私の相続方法の伝授」 … (運良く、何かしら残っていればね !) … まあ歳をとると何かとやりたくないことも進んでやらなくてはならないのですね。

まあ、実家の土地家屋は売らないで住み続けるだるから、その分は残ると思いますが … 人生なんって明日何が起こるか分からない世の中ですからね。

年金いついて計算して見たら”このまま年金を79〜80歳くらいまで受給する”と生涯の掛け金は戻ってくる計算だ。嫁は私よりも10歳若いので、それなりの”遺族年金の恩恵”にあずかりそうな気がして居るが、これまた明日のことはどうなるか分かりませんね。

嫁自身の年金は一時期は私の会社の厚生年金でしたが、大半は国民年金加入 … あまり多額の年金受給は望めないでしょう。

ああ〜 … こんな”辛気臭い話”をブログに書くのはとても嫌なことですね。明日から”もっと楽しく面白い話”をブログの話題にできるようにすることにします。

Village Pepole

おまけ