2010年にリタイヤして以来、贅沢にも日本とセブ島を往復する生活をしてきましたが、体調不良に伴いまして「日本定住」を余儀なくされることとなりました。

“不肖 藁科豊” の体調
「食道静脈瘤、膵臓(膵液)・胆嚢(胆汁)ステンパイプ(バイパス)設置」
食道静脈瘤:いつ何時”破裂”するか分からない状態で力仕事(重労働不可)の状態
バイパス・ステンパイプも何時詰まって液が出なくなるか分からない状態。(1〜2ヶ月に一度の血液検査が必要)
糖尿病: … 多いの疑いあり、血糖値が高いことは高い。
鬱病: … 最近(今年に入って)では精神的に不安定でよるしっかり眠ることが出来ず、クリニックにて安定剤と導眠剤を処方してもらっている。

上記のことを鑑みて、暫くの間(期間未定)は日本定住生活となります。
* それでも体調と相談しながら年3〜4回くらいは、1〜2週間程度の予定でセブ島には帰りたいと思っています。

今までもセブ島で暮らしていても日本に帰ってきても、褒められる様な暮らしなどしたこともなく、ろくな生活はしていませんでしたが、まだその上を行く生活になりそうです。

まあ、好きなプラモ作りや麻雀、読書などをしながら、”老害病人生活”に性を出すこととします。

まずは第一弾として、予算的には100,000〜150,000円程度で格安新品もしくはメンテ済みの中古全自動麻雀卓でも仕入れて、週1回程度の「爺々会」の開催でもしますかね。日本仕様 全自動麻雀卓 MJ-REVO Pro 静音タイプ (28ミリ牌)

模型作りに関してはこれまで小物(廉価版)を中心に作ってきましたが、技術的にも一段高度で価格も張る様なプラモも作ってみたいような気がしています。しかし、「戦艦大和」のような艦船モデルは道楽親父の技術の範疇を飛び越えてしまっていますので、決して作ることはないことでしょうね。

スケール的には良いところ、バイクの 1/6 や自動車の 1/12、1/16、1/18 スケールくらいですね。しかし、そこは道楽親父 … そのまま説明書通りに作るのでは面白くありません。「セミ・スクラッチまたはフル・スクラッチ」で試行錯誤、創意工夫してみたいと思います。

そうなると、作るものは旧車、ビンテージ・カーの類になってしまうでしょうが、手始めの第一弾としては 1/16 1965 フォード マスタング ハードトップ を”HOONIGAN フルスクラッチ版”を作ってみたいですね。と、言いつつも「ヤフオク」でタミヤ 1/12 マスターズコーチワークシリーズ No.04 ケータハム スーパーセブン BDR を入札していますが、落札できなかったら再販品を予約購入(2018/04/21 発売予定)でもしますかね。

勿論、序と言っちゃあ何ですがブログ、FaceBookを中心とした”SMS関連”も充実させていきたいと思います。