いよいよ”帰れるぞ〜” !

昨日の午前中に J-Center内の「入国管理事務所」に行って前回預けてあった「パスポート」と「I-Card 更新中の証明書」をもらって来た。

海外に住む日本人には”パスポートは命の次に大切なもの”ですから、入管に預けた時は少し心配でしたが、無事返却され、更新中の証明書も受け取り、これで安心して明日、空港において出国審査して帰国便(セブパシフィック航空)に搭乗することができます。

毎回書いてばかりで、「お前のブログはもう飽きた。」と言われる方々も多いかもしれませんが、くどいようですがまた書きます。入管事務所が始まるのが9時だと思い、午前8時にはマクタン(Pajck)の家を出ます。信号の手前まではいつもと同じ、マクランベースのゴルフ場のところを曲がる交差点から信号まで渋滞 … 信号待ちを 3〜5回、マクタンオールドブリッジを渡りきって次の信号が、これまた3〜5回の待ち、ハイウェーの信号待ちは1〜2回とスムーズに、J-Center の裏通りを抜けて地下のパーキングへと車を進めます。

到着は午前9時半頃でしたので、J-Center は開店前ですので、エレベータを探して2階の入管までたどり着きます。早いということもあり入管職員はやる気なさ 200% の状態 … でも、そこは笑顔を絶やさず、職員にパスポートと再入国に必要な証明書引き換え票を手渡す。あまりに手際良くやるので職員は「名前を呼ぶから、外で待って居てくれ。」の一言で、嫌々動き出す。名前を呼ばれて渡された物に一通り目を通す。確認が済んで職員にこっちも嫌々「サンキュー “サー”」と声をかけて入管を後にする。入管では「所要30分」ってところで済みました。

知人の事務所に寄るために、「日本人会」や「まにら新聞セブ支局」のオフィスが入居しているビルへ … 1時間半ほど打ち合わせをして、マクタンの自宅まで「直帰」 … 到着は午後1時 … 「あ〜あ ! 疲れた !」

帰宅すると下の姪っ子のクラスメイトが「プロジェクト ?!? の遂行する。」と、いうことで10人程度(男女)集まって、勉強しているのか遊んでいるのか … 良いんです ! 子供のすることですから … 集まってワイワイやるのが楽しいのですよね。

傍観者を決め込んで側から”耳をダンボ”に、目を皿にして、その勉強している ? 遊んでいる ? 様子を見ているとなかなか面白いというか、腹が立つことが多いのです。皆さん子供とはいえ、最初は猫を被っていますが、そのうち化けの皮が剥がれて来ます。

黙ってテレビ、インターネットをやっている子、とにかく黙らないで、いつでも人の気を引くように話の中心に居たがる子、Facebook に載せるのか ? インスタに載せるのか ? 写真や動画を撮りまくっている子 … とにかくやりたい放題、し放題 … 「道楽親父も今日は些か参ったね !」

男も女も気を引こうとやたら大きな声で話しをしたリアクションをします。それを見て居てそれぞれの将来の行先が見えるようです。女にひものようにたかるタイプ、男を手玉にとるタイプ、それを見て居て上前をはねるタイプ、私は我が道を行くから”関係ないね !”タイプ … 13、14、15歳でこれですから、20際以前にして子供を作ってしまい、男は逃げ女は寂しいシングルマザーの構図が良く分かりますね。クリスチャンだから仕方ないといえば、それで済んじゃうのかもしれませんが、道楽親父に言わせれば、どうせ生まれて来た子供は母親やその親(爺サン、婆さん)のおもちゃみたいに猫可愛がり育てます。日本で言えば大体20歳を前にして”シングルマザー”などでは実生活が成り立ちません。

経済も産業も学歴も … 全てにわたって近隣諸国から劣っていると思われるフィリピン、それにも関わらず「悪行と子作り」だけは長けている国民 … こんな国に将来はあるのでしょうか ?!? 道楽親父は全くないと思って居ますが、フィリピン人に向かって決して口にすることは死んでもないことでしょう。だって、昔からいうじゃあありませんか ?!? 「馬鹿に付ける薬は無い」ってね。

* フィリピン人には”効き目”はありません。

これじゃあ、いつの間にか追い越されてしまったインドネシアには追いつけないし、タイ、ベトナムには格差を広げられるし、この国の子供たちを見ていると「教育の大切さ」を痛感せざるを得ません。お金さえ出すことが出来れば「名門校」には通えます。その場しのぎの国民性の子供たちが、そこ(大学・ハイスクール)で何をするかの問題です。

名門ハイスクール、私学のハイスクール(効率は無いかもね。)名門大学(公立・私立)、にはぞろぞろを学生が通っていきます。しかし卒業しても就職はまずありません。名門校や大学を出たという”プライド”が「良い加減な就労」を許さないのです。ここフィリピンで良い仕事(仕事内容・賃金)の仕事などに就ける人は”人脈”と”金脈”のある一握りの裕福階層だけなのです。

海外出稼ぎ労働者の多いことから良く分かると思いますが、国内産業(自国産業) … それ自体あまりありません。まず、自動車産業、電気産業 … 最近では食料品お大部分は中国からの輸入に頼っているのでは無いでしょうか ? それほど生産性のある産業がありませんから、まったく”自立”出来ないんです。

フィリピン独自の産業といえばサンミゲルビールだけでは無いでしょうかね ?!?(ひょっとするとタバコなんかは北朝鮮からの密輸品かもしれません。)

じゃあ、どうしてそんなに嫌な国に暮らすのかって … 「そうです! … 悲しいかな、ここ(フィリピン・セブ島)にしか”行くところ”も”住むところ”も無いから、決して面と向かって文句も言わずに黙って耐えて暮らしているのです。」

我が家はネット環境が整っているし、道楽親父がいればクーラーは効いて居て、”お昼”も”3時のおやつ”も出るし、子供たちにとっては「快適環境」なんですよね。一番は嫁も道楽親父も”子供に甘い”ってことであつまるのでしょう。まあ、精一杯楽しんで行って下さいな !!

道楽親父は例によってネットをしながら”専用机”で小さくなっているのですね。 … それが良い !(それにしても姪っ子たちは幸せだよね。)

今日のブログは日本帰国前に「道楽親父のフィリピン考」と称して”ひとくさり”してみました。 … Gyahahaha 〜!!