日本帰国まであと2日間となった …

早く帰りたいという気持ち(120%)でいっぱい …

日本ではまた今週も「南岸低気圧」の影響で太平洋側では降雪があり、高速道路、新幹線などの交通に影響が出そうだ。成田空港から静岡県の焼津市まで … 「降雪に弱い首都圏」を露呈しなければ良いと考えている。フィリピン・セブ島からの帰国では「温度差」が25〜30度くらいあって、”柔な体質”の道楽親父にはちょっとばかり厳しいでしょうが、早く家に帰ってゆっくりしたいものです。

セブパシフィック航空が定刻通りのフライト、帰宅ルートが良好な交通状態であれば、4日の午後3時頃には自宅でゆっくりできるでしょう。”密林”でポチったプラモや”ヤフオク”で運良く落札した商品を知人宅まで取りに行きたいですね。月曜日には検査結果が悪くないことを祈りつつ、午前10時半の予約で病院まで行き、その後は知人と昼食 … 恒例の「3人麻雀」 … 「反省会」、火曜日には母親が暮らす静岡の高齢者有料施設まで面会に行き … 一先ずは外出は終了 !

昨年できなかった庭の「植木の剪定」に関する問い合わせ、自動車の「車検と任意保険」の問い合わせ・予約、次回の渡セブ(帰国)のための「航空券の検索・予約」、「年金振込口座変更」のための手続き(地元信用金庫〜東京三菱UFJ銀行に変更)に、島田市内(市役所近く)にある「社会保険事務所」を訪問、島田市を訪ねたついでに中学校の同級生(杉浦くん、他数人の方々)に会いたいと思っている。ケーブルテレビ、電話、インターネットの契約変更(地元会社・NTTからau関連会社に変更する)それと日本滞在中には、母親のお兄さんと弟にもお会いして「母親の近況報告(2月で昨年9月に入所して、6ヶ月になる。)」もしなくてはなりません。

道楽親父は日本で”一人暮らし”ということもあり、日本に居たら居たで「早く、騒ついたセブ島の生活に戻りたい。」と思うし、セブ島に居れば居たで「早く、日本の自宅でのんびりしたいと思う。」人間なんってそんなもんですよね。

でも、セブ島に来る時期、日本に帰る時期になると、ちょうど良い具合に”何かが壊れたり”、姪っ子たちが学校での試験があったり。夏休み(長期休み)が来たりするものです。1月は嫁の普段乗りの VIOS のリニューアル、2月は嫁が所有するジプニー(2台 … 収入は合わせて、20.000ペソ … )の年1回のリニューアル、それが終われば姪っ子たちが夏休み … 嫁を含めて5人のフィリピン人暮らし、クーラーにパソコンを付けっ放しの”浪費家日本人道楽親父” … お金は幾ら有っても、余ることはありません。”毟られて、毟られて”私は”鶏のバーベキュー状態”になってしまいます。(たまには道楽親父に頼らないで”無視”して頂きたいものですね。)

今回のセブ島滞在も12月17日にセブ島にやって来ましたが、クリスマス、ニューイヤーのパーティーの”財政の主役(脇役でいいのにね !)” … VIOS のリニューアル(任意保険付き) … 一度も SM や S&R には出かけずじまいで、外出は先日 I-Card のアニュアルリポート提出と有効期限切れ更新で A.S.フォーツナ通りの J-Center Mall と日本料理店「呑ん気」、知人の事務所に出かけただけです。浪費をしなければ違うところで痛い出費 ! そんなものです。

これじゃあ、何時迄たっても愛車「FORD F-150」の修理・改造なんて出来る訳がありません。 * 【修理内容】 FORD の V8 エンジン(ブロックだけでも可) … 約100〜150万円くらいは想定して居ますが … いくらになりますか ?!? 「エンジン・ブロック」が無ければ 中古V8型エンジンとそれに合うミッションの設置、親父の F-150 は 4×4 駆動 ですが、最悪2輪駆動でも良いのです。こんな込み入った修理なんってフィリピン人には出来るかな ?!? … 駐車場に放置しておけばそれだけ”ビンテージ(2000年モデル)”になりますが、フィリピンの方々には、こんな親父の気持ちは全く理解出来ないでしょう。でも、運転出来なくなる前に直してもう一度乗りたいと思って居ます。

日本とセブ島 … 「これからこんな生活が死ぬまで続くのか ?!? どっちが得か、良〜く考えてみよ〜う ! 」

2017 Ford F-150 RTR Muscle Truck

Ford, America’s truck leader for nearly 40 years, will enter its all-new 2017 F-150 Raptor in the 49th running of the SCORE Baja 1000 off-road endurance event, Nov. 16-20

 

17年も年代差があるとデザインは見事に違いますね。それでも道楽親父の F-150 は車高3インチ・リフロアップ、ヘッドライトだけは LED、イカリングのプロジェクタータイプに変更してありますがね。次は何年モデルを手に入れることができるでしょうか ?!? F-150 は FORD の”旗艦ピックアップ”ですから、生産中止にはならないはずです。寂しいことに日本では、昨年フォードディーラーが撤退してしまいましたがね。

この記事を書き終えた今は、「早く日本へ帰りた〜い ! 」という気持ちが、120% だったのが 200% で御座います。 … 遠い目(馬鹿 !)