何だかな〜 !

暇なんで毎日のように、ネットでメディアニュースを見ているが、内容は同じものばかりで「もう、良いよ !」って感じ …
日本を襲う異常寒波、ヒラマサ(ピョンヤン)五輪、北朝鮮のミサイル、アメリカの先制攻撃、トランプに安倍ちゃん批判、挙げ句の果てに、またまたお馬鹿な野党による「盛り・かけ追求、”おまけにスパ”」、大相撲関連の不祥事 … 本当に「もう、良いよ !!」

マスメディアの諸君、他に何かないのかねえ ?!?

こうなると楽天的な”道楽親父”もテンションが下がるぜ !!

日本へ帰国するってのに、どうやら道楽親父には「鬱病」が襲ってきているようだ。あまり人と会話はしたくないし、「眠りたい … 眠っていたい」という気持ちになって、実際に眠っていることが多くなってきている。「来てます … 」って感じ、鬱病が … 「悪い奴ほど良く眠る」ってのじゃあ、ありませんが、実際に良く寝れる。夜は10時にはベッドに入り、爺いなので2〜3回は小便に起きるが、8時過ぎまでは眠れる。

午前10時過ぎに「ブランチ … (格好つけ過ぎ …)」を済ませる。11時(日本時間12:00)から”某 NHK “の「お昼のニュース」を見るとまた眠くなる。昼寝の時間だ … 1〜2時間は眠ることができる。夕方というか、7時には夕食を済ませ、ネットをしているとまた眠くなる。そろそろ10時だ … また寝ることにする。最近、道楽親父はまるで病気になったように良く寝る。

「もう、寝ます ! 」

じっと一人にしておいてほしい … そう思うんですが、そんな時に限って「話さなきゃならない」ことになってしまう。もう喋りたくない、すごく面倒に思うのだ … 周りに向かって大声で「静かにしていろよ !」叫んでいる自分が見える。そういう自分の大声が一番煩いかもね。

そんなことを考え始めた … まずいよ、まずいよ、これは … こりゃあ完全に”鬱病の淵”に腰掛けて座っている。 … 早く日本へ帰らなくちゃ … 今にも淵から落ちそうだ !

こうやってブログに殴り書きをしながら、その淵に留まっている自分の姿が見える。こうなりゃあ、何でも書いて、何日も、何回も、日本へ帰るまで書いて、その淵にしがみ付いて留まってやる。「中へ落ちないように … こんな俺、誰も助けやしないからね。」

まだ眠れるから淵に留まっているのが分かる。 … 眠れなくなった時が淵から落ちる時だ。

それにしても、道楽親父は良く眠れるね。

* 今日、変なことがあった … 庭で駐車場のコンクリートを流していたボーイさん(住み込み)が「変なものを見た !」と言って家に帰ってしまった。家族の人から電話がかかってきて「何も言わずに帰ってきたので、連絡をしておく」ということでした。ボーイさんの家人が言うのには「夕方、暗くなりかけの時に大きな木のところから”白いもの”が話しかけてきた。気持ち悪いので逃げ帰った。」そうだ。家の庭の「大木のところに何か居る。」と言う話はもう何年も前から多くの人が言っているので本当なのでしょう。

道楽親父は結構見えないものが見えちゃうタイプなので、今回は鬱病になりかけなので、”白い何か”は見たくはないものですね。フィリピンで良く言うところの「ホワイトレディー」か「ジャイアント」ってところでしょうかねえ。