といってもいま世間を騒がせている「北朝鮮の核問題」や「”ヒラマサ”五輪」のことでは御座いません。

今フィリピン・セブ島を最も熱くしている「Sinulog(発音は正確には知りません。)」の本番が始まりました。嫁が言うには中止になったという「海渡りの儀式」は例年通り行われたようで、出かける出かけないと言う話で家人は”大騒ぎ(別に家人が見にいっても、お祭りの何がどうなる訳じゃあないだろうに … 私は”遠い目 … やってりゃあ良いじゃん !)”

フィリピン全土から観光客(何十万、何百万人とも言われている … ?!? )が押し寄せて、いろいろなセレモニーやテレビ番組に出て庶民を楽しませてくれるそうだ。勿論ケーブルテレビでは特番が組まれ、きっと SM やアヤラでは特設ステージで楽しい催しものが、朝から晩まで行われるのでしょうね。

毎年言われていることですが、人が出るところ、集まるところにはいろいろな犯罪が渦巻いていますので、ノーテンキな邦人観光客や語学留学生さんたちは十分注意して下さい。

・ フィリピン全土のスリ、かっぱらいが集結する。(PC、携帯電話 … 高額の携帯は人前で使用しないこと)
・ 最近、流行りの置き引きの横行。(自分の荷物からは目を離さない)
・ ディスコ、飲食店における「睡眠薬強盗」(綺麗なお姉ちゃんからの、お誘いは未分不相応を考えるべし。)
・ 違法ドラックの売人と警察の「セットアップ(売っておいて捕まえるケース)」の横行
・ 市内の慢性渋滞の中での交通事故遭、ジプニー、トライシクル、ハバル・ハバル(バイクの相乗り)には決して乗らないこと。120〜200%無保険で怪我や死亡例でも保証なし !

などなど、挙げればキリのないくらい列挙することができる「犯罪王国フィリピン」で御座いますので、日本領事館や日本人会、地元警察などに迷惑をかけることのないよう、十分注意をしてお出かけになるようにして下さいね。

明後日、月曜日の「マニラ新聞ネタ」にならないよう十分気をつけて下さいね。

【注意喚起】
フィリピンにおいては売春、違法ドラック所持、使用は厳罰に処されますので、”南国浮かれ気分の邦人の方々”は十分な注意が必要で御座います。

* 全てネットで拾った”適切・不適切画像”です。