ソーシャルメディア … Facebook・Twitter・Instagram とありますが、私は主に「Facebook」を利用しています。いずれのメディアにもアカウントは所有していますが、今まではあまり利用していませんでした。昨年(2017年)はトランプ大統領はツイッターで大いに「つぶやき」、巷では「インスタ映え」何って言葉も流行りましたよね。私にはさっぱり分かりませんが …

それでも世間で認知されているソーシャルメディアですから、道楽親父もそれなりに学習し、出来るかどうかは分かりませんが、自分なりに使ってみようと思います。それには「道楽親父方式」を使います。まずは”真似をする” … “コピーする” … 悪い言葉で言えば「パクる ! 」これが上手くなったりするには「最短の道」なのだと信じているのです。

伊藤久右衛門は京都にあるお茶屋さんです。お茶だけではなく抹茶を使ったスイーツなども販売しており、通信販売は全国的に人気があります。

FacebookTwitterInstagramアカウントを運用しており、各SNSの特徴を理解して使い分けています。以下で同社のSNSアカウントをサービス別に紹介します。同じ投稿テーマについて、どのように表現を変えているのか参考にしてください。

これ(このサイト)はプロの監修のもとに作られているのでしょうから、パーフェクトになっていると思います。道楽親父が作るサイトに移植しようとしていますから、無理もあるかと思いますが、それぞれのアカウントでいかに活用するかの問題ですから、「何とかなるだろう。」と考えている。

これから起業したりして、会社、個人の「ウェブサイトをどのように運営していこうか ?!? 」と、考えている方は道楽親父と一緒に勉強してみましょう。きっと集客、認知、宣伝効果が上がると思いますよ。

フィリピン・セブ島などで起業しようとしている方は「日本文(サイト)、英語文(サイト)」の療法を運営しなければなりませんので、自分で作るのが大変のようなら、英語で疎通の出来るフィリピン人のスタッフに頼ってみるのも良いでしょう。

それぞれ投稿の並び方や投稿が届く範囲・ユーザーが求めるものなどが違うので、異なるソーシャルメディアメディアでは別々のタイミングで違った内容・形式の投稿をしていくことが重要です。