フィリピンでは1年で一番楽しかったクリスマス休暇も終わり、今日から通常のお仕事が始まったようです。

しか〜し、あなたの会社のスタッフは全員揃っていますか ? きっと出勤していないスタッフが誰か居ることでしょう。(クリスマス休暇後初の勤務日 … 何だかんだと理由をつけて「出勤率」は最悪の状態でしょうね。)
◯ 自分の体調が悪い、家族に病人が出た(ひどい時には死人が出た)
◯ 交通機関の状況で出勤できない
◯ 連絡もせずの出勤しない … 最悪の場合はそのまま辞めてしまう

* 「就業」に対してそれほど考えない国民性か ? 13ヶ月ボーナスを貰って余裕があるのか、そろそろ飽きたし辞めてもいいかな ? 全く仕事をする気がないのか ? … 簡単に離職するなんって就業率の引くお国なのに勿体無いね。

話がタイトルから逸れてしまいましたが、セブ島に戻ってきてから10日ほど経ちましたが、第一の関門「クリスマス」が終わり、年越し・新年パーティー。姪っ子の誕生日、シニョロまでまだまだ財布に優しく無い日々が続きます。

久しぶりに「スタバ」あたりで本を読みながら、”美味しい”コーヒーでもと行きたいところですが、きっと今日も始まっているだろう「渋滞地獄」に身を置きたくないという理由で”自宅警備”の仕事(ネット・サーフィン、テレビ鑑賞、昼寝)に精を出すことにしましょう。

人は孤独になると読書をするんだ〜 ?!? 私は読書が久しぶりで良かったのか ?!? 今のところセブ島でのお気楽生活で「孤独感」は感じていません。

忙中閑あり

【読み】 ぼうちゅうかんあり
【意味】 忙中閑ありとは、どんなに忙しい中にも、わずかな暇はあるものだということ。

でも、ここ2〜3日は天気が良いですね。嫁や姪っ子たちはクーラー大好き人間、犬まで居間が涼しいと集まってくる … 涼しくてクーラを使わなければ電気代の支払いも心配しなくて良いが、また一つ財布に優しく無い事態になりそうだ。 … 「次は”年越し馬鹿騒ぎ”か …」 ブツブツと、独り言