12月23日(土曜日)なのだ !

イブ前日 … しかしながら、平日だろうが土曜、日曜日でも頑として24時間体制で自宅警備の仕事に邁進する”道楽親父”で御座います。まあ、仕事があって通勤するわけでもないし、日常化する”慢性渋滞地獄”の市内へ出て行く気がしないといえばそれまでですがね。

嫁は妹、姪っ子、メイドを伴ってクリスマスの買い出しに街へ出かけて行きました。

というわけで、本日も道楽親父は「全くやる気がありません !」

セブ島で嫁を養って暮らして居る方にはくどい話になりますが、これから間違ってフィリピン人と生活を共にしようとお考えの方に「ひと言」 … 述べさせていただきます。

「この国では家族での模様仕事に参加する日本人には、それ相応の負担金が必要になる !!」 … 決して忘れないでくださいね。

私は嫁と結婚して25年にもなりますので十分承知しておりますので、腹も立ちませんし、「養って居るから …養って(世話をして)もらって居るから)仕方ない。」と、考えています。嫁をはじめとして記念日 … 結婚、誕生日(亡くなった方も含む)、命日、勿論、今の季節のクリスマス・ニューイヤーパーティーこのようなパーティーの大方は日本人である”私の貴重な援助”が無ければ開催されません。どう見ても参加する人数に比べて、働いて居る人の数が極端に少なすぎて、会費など徴収など、毛頭出来はしないしないというのが、この国のファミリースタイルで御座います。

家族はレチョンやケーキを食べ、ビール、コーラ、ジュースを … 私は部屋で寂しく嫁が惰性で作ってくれた、日本料理といえば日本料理に見えるわずかばかりの夕食を摂る。私は大食漢ではないし、お酒も飲みません、話し好きというわけでもありませんし、英語で話すのも面倒と感じる”面倒くさがり屋 “そんな私は音楽でも聞いて眠くなったら寝てしまう … そんなところですね。最近では”大音量のカラオケ”も歳をとって耳が遠くなったせいか気になりません。

「今夜も10時には寝てしまお〜う !!」

昔、仲間と夜の街に繰り出した頃にはクラブで、こんな酒(ドンペリ)や料理(ケーキ、ターキー)が出てお姉ちゃんたちが群がったものだと … 何だか遠い目で部屋の隅を見つめる (爆 ^~^)