不肖 藁科豊 "道楽親父"のこれがセブ島(フィリピン)お気楽生活だ … !

MS-N04Ⅱ NIGHTINGALE

RE/100 1/100 MSN-04II ナイチンゲール

ヤフオクに出品されていた作品の画像ですが、最近はちょっと”変わり種ガンダムシリーズ”に取り組もうと思っている”道楽親父”としては、これまた絶好の期待を見つけてしまいました。

このように作れるかどうかは分かりませんが、似たようなものはなんとか作れるような気がします。これから色々と資料を集めて製作に入りたいと思っていますが、既に数多くの機体が手持ちにありますので、色々と都合をつけて細かなパーツの購入を含めて作りたいとお思います。

本格的製作 … 行きま〜す !!

2016/02/17

“積んどく”だけのナイチンゲールでしたが先日の入院中に「パチ組」しておいたものを組んでみました。

組んでみたというよりも塗装を済ませてデカーツ張りの前まで仕上げたつもりです。

機体は Mr.Metallic COLOR GX 202「GX メタル・レッド」で塗装しました。一部のパーツは黒・銀を混ぜて多少のグラディエーションをつけてみましたが画像ではあまりはっきりしていません。

フレーム部は「”鉄板”の黒鉄色」を使ってみましたが、関節部(灰色)の塗装を忘れてしまいました。別の塗装をする時の序でに何かすることにしましょう。

追加塗装の画像

メタルバーニア(パーツ)装着

“とっておき(総額ではモデルよりも高価になっているかもしれませんが、 … 夢中になってやっている”道楽親父”本人は全く気付いていませんでした。)”の>

ということでセブ島へ持って帰ってきた「ナイチンゲール」はなんとか、その”型”を成したのでした。
次回天気の良い日があればトップコートを吹いて出来上がりですね。(他にも数点トップコート吹きを待って、”最終工程”を待つ機体がございますので、塗料が足りるかどうかが心配になってきました。)

ヤフオク出品者の製作内容

工作
・基本工作のゲート処理表面処理
・面が広く間延びしていると感じたのでスジボリにてディテール追加
・各ディテールにバイスで開口後メタルパイプ、メタルボール取付
・全バーニア内部にメタルピンを仕込んで二重構造化
・オプションのLEDユニットにてモノアイ発光
塗装
・サーフェイサーで下地処理後エアブラシにて塗装。基本ツヤ消し仕上げ
バーニア等はクリアコート仕上げ
・付属のシールとMGサザビーVerKaの水転写デカール使用

画像の製作内容詳細

●富野監督による小説版「逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場し、現在では「CCA-MSV」にカテゴライズされるシャア・アズナブル総帥専用のNT用MSです。

小説版劇中での活躍は劇場版のサザビーと同様であり、いわゆるパラレル・ワールドにおける同型機に近い位置づけでした。
CCA-MSVではサザビーの強化発展機体となっており、サザビーよりも更に高性能なMSという扱いで、RE/100シリーズでも武装類が追加されてこちらの設定を採用しているようです。

活躍やその最後などはサザビーとほぼ同じなのですがデザイン面では完全に別物となっており、サザビーがあくまで人型MSだったのに対してこちらはもはやMAを思わせる巨大兵器・・・という外観です。
シャア総帥のもう一つの最後の専用機・・・と言うこともあり、非常に高い人気はあったもののその巨体故に商品化が難しく、一部のガレージキットを覗けばほぼ立体化の機会はありませんでしたがようやくガンプラ新シリーズであるRE/100において1/100キットとして発売されました。

●キット内容についてはMGのような内部メカニックフレームを廃したシリーズであるとは言え、そのサイズの大きさは完全にガンプラとは思えないような巨大なもので、内容となっています。
また、サイズ的に結局内部フレームに外装を取り付けていくという工程となっており、HGUC等と違いMGに近い仕様です。ただ、MGによくあるようないわゆる組むと見えなくなるような箇所の内部シリンダ等は簡略されており、無駄を省いたよく練りこまれた設計でMGとHGUCを合わせて割ったような構造になっています。

また、別売りのLEDユニットを使い、モノアイ発光を再現。(LEDユニットもお付けします。電池は撮影時に使用したものをそのままお付けしますが消耗品ですので切れた場合は別途100円ショップ等でお買い求め下さい。)
●制作においては
基本的には非常に完成度が高いのですがMGやRGと違い、挟み込みや合わせ目箇所が全身に存在します(大きなHGと言われる所以ですが・・・)のでこれらをそれぞれの部位の特性に合わせて接着・モールド化で使い分けて処理しました。
主に腕や太腿と言った関節挟み込み部分については接着してしまうとポリキャップ交換等のメンテナンスが不可能になるため、分解可能な段差モールド化で処理。
逆にメガビームライフルやプロペラント・タンク等は接着にて合わせ目を消しています。

更にディティールアップとして全身に存在するモールドをドリル開口後、市販パーツやメタルボール等を埋め込んだり、メタリックプレートによるバーニア内部表現などを行いました。

また、全体的にタイトな部分はやすりがけで緩めにする事で破損リスクを下げつつメンテナンスもしやすいようにしておきました。

●合わせ目処理及びパーツ表面処理は240⇒400⇒600⇒1000番でペーパーがけ。

●塗装においては・・・

アニメという明確な設定がないため、いまいち確定しにくいのですがサザビーやシナンジュ等、同世代のシャア専用機をイメージしつつ、シャアザク以降のかつてのシャア専用機のカラーリングなども含めて各部の色を設定しました。
尚、塗装においてはグラデーション塗装を3層で吹く事で表現しました。
具体的には黒をエッジ中心に下地として吹いた後、2層目用に調合した赤系カラーを吹き、更に3層目用に調合した明るい赤を上に吹いています。
また、全パーツ同じ赤ではなく、例えば装甲表面と裏面では別の色にしてあります。

内部フレームやバーニア類などは黒・グレー・シルバー・ゴールド等を使い分けてみました。

塗料は主にラッカー系のMr.カラー、ガイアカラーを使用。
全パーツエアブラシ塗装、スミ入れは拭き取り式のペンにて行いました

●マーキング類は付属のものに加えて手持ちのデカール類を使用して全身各所に追加しています。うるさくならないように気をつけつつもシャアやジオンというパーソナリティを入れてみました。

詳しい改修内容は以下です。

共通工作

◎各部シャープ化等基本改修済み

◎機体表面に露出するモールド扱いでない合わせ目や、ゲート跡等は基本的に消去、もしくはモールド化等で処理してあります。

◎挟み込み部分を後ハメ加工、もしくはモールド化にて処理

◎頭部アンテナをシャープ化

◎LEDユニット組み込みで頭部モノアイ発光化

◎首基部パーツ側面を削りこみ脱着簡易化

◎胸部側面にメタルボール埋め込み

◎各部●モールドをドリル開口。位置により穴と市販パーツのどちらかで表現。

◎頭部ヘルメットに市販パーツ埋め込み

◎腕横両面に市販パーツ埋め込み

◎フロントアーマーに市販パーツ埋め込み

◎リアアーマーに市販パーツ埋め込み

◎脚部横両面に市販パーツ埋め込み

◎上腕装甲をモールド化

◎太腿装甲をモールド化

◎ビームサーベル先端取り付け部のみモールド化

◎胸部角バーニア内にメタリックプレート貼り付け

◎股下スラスター角バーニア内にメタリックプレート貼り付け

◎メガビームライフル先端及びサイドセンサーにジュエルパーツ貼り付け

Amazon 購入者の製作評価

投稿者 BD1号機 投稿日 2014/12/29
Amazonで購入
アニメに出ない、馬鹿でかい、知名度低い・・・とバンダイが嫌うタイプでまず絶対出す気なんてなさそうだったMSがいきなりの第一弾ということで驚かされました。
このRE/100、いわゆるコアなガンダムファンが長年ガンプラで出して欲しいと熱望しつつも同時に商品化されてもまず一般的に数は売れ無さそうだなぁと予想できるマイナーMSにスポットライトを当ててくれた(次がガンダムMK-3にディジェだし)嬉しいシリーズですね。しかもかつて似たコンセプトのEXモデルが序盤はともかく段々と意味不明な方向に走り迷走した挙句に遂には事実上のシリーズ終了してしまったのに対して今回はマイナーでありつつもそれぞれスター級の機体がラインナップされており今後の展開にも期待できそうです。

今回のナイチンゲールですがまず箱からしてでかい!最近ではMGも箱が馬鹿でかいのが多いですがそういうのよりもさらに一回りは巨大です。そして中身、でかい!なんだこりゃ!?ってぐらいでかいです。
肩アーマーだけでHGUCガンダムがすっぽり入りそうです。リアアーマーなど自転車のヘルメットみたいですしwwビームライフルは幼児用の水鉄砲ぐらいあってとてもガンプラとは思えないサイズですww
全体的にはPG並みの巨体ですね。まあそれゆえに値段の高額化を嫌って商品化されなかったわけですが。

●モールドはあっさり目なのでこれは好みが分かれそうです。いわゆるジオンのモノコックフレーム技術的なつるっとした曲面が好きな人なら嬉しいし逆にRGキットなどのようなパネルだらけの見た目を好む人には物足りないかと思います。

●色分けは結構しっかりしており、よくHGを大きくしただけと言われていますがバーニア内部の別パーツ化など部分的にはMGより親切です。
いわゆる塗装せず素組みで楽しむ人にも配慮してある感じでしょうか。

●合わせ目は腕やプロペラントタンクなど、それなりに出ますがまあMGでも合わせ目が出なくなったのはVer.2.0とか言い出した頃ぐらいで最近ですしこんなもんでは?FAユニコーンのプロペラントタンクもモナカですし。

●可動は元々ほとんど動かないようなデザインのためあまり期待できません。見た目的にもほとんどMAに手足が付いたみたいですし。
また、腕の保持力に関しては装備が重過ぎるせいで厳しいです。ライフルやシールドを高く掲げたい場合は下にブロック的なものを置いてやらないとストンと下がってしまいます。これはまあ例えMGでも同じ事になりそうです。

●欠点としてはギミック類が淡白な点でしょうか。フロントアーマーの隠し腕はダミー、ファンネルの射出エフェクトとかも無し。一応、モノアイ用に別売りのLEDユニットを仕込めますがデフォで付けて欲しかったかな?本体がほぼ動かないのでせめてギミックで遊べるようにはして欲しかったです。

●結論から言えば巨大で美麗な置物・・・という感じですね。縦はそれほどでもありませんが横幅がとにかく凄く、置き場所を確保する必要はあります。MGシナンジュが5個分ぐらい置けるスペースは余裕でとります。また、箱は液晶テレビぐらいあるので積みプラ予定の人はよーく考えた方がいいです。このでかさが最大の魅力であり同時にネックですね。

塗装する場合は塗料(特に赤部分)を膨大に使用しますので塗料ビン3~4本分ぐらいは作っておかないと足りなくなります。

MGと比較して低評価の人もいますがこれはそもそも最近の不景気、物価高騰に伴うMGの単価上昇の結果、ガンプラが売れないためあえて組んだ後は見えないような内部構造を廃し価格帯を下げたシリーズだと納得してから購入するべきでしょうか。
MGとして出していたら安くても2万円ぐらいになりそうですから買う人はほとんどいなくなるだろうし。このボリュームでこの価格帯というのはかなりお買い得な内容かと思います。
値段高くてもいいからもっと作りこまれたのが欲しいという場合はプロモデラーに制作頼むとかするのが良いかと。

道楽親父

  • facebook
  • twitter
gundam-mactanbase.long
新聞トップ
BLOG-Cebu
BLOG-Philippines
代表戸締り役
自宅警備員
bnr-SNN
bnr-JSA
vesmo-titletxt-%e9%80%8f%e9%81%8e

道楽親父

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 不肖 藁科豊 Mactan Base All Rights Reserved.