不肖 藁科豊 "道楽親父"のこれがセブ島(フィリピン)お気楽生活だ … !

第7回 ボブ・ディラン『ブロンド・オン・ブロンド』

スクリーンショット 2015-08-09 7.51.52

2014070200025_1 2007年出版の自叙伝『クラプトン』の、原書でいうと60頁に、ボブ・ディランとの出会いが書かれている。1965年4月から5月にかけて、ディランは初の本格的な英国ツアーを行っているのだが、ちょうどその時期、ブルースブレイカーズに参加したばかりのクラプトンは、ジョン・メイオールの推薦もあって彼のセッションに参加したというのだ。ディランが《ライク・ア・ローリング・ストーン》を録音するのは同年6月、ニューポート・フォーク・フェスティヴァルのステージにエレクトリック・バンドを従えて登場するのは7月のことだから、すでに、さまざまな機会を生かして、意欲的な試行錯誤を重ねていたのだろう。

そのセッションがなんらかの形で作品として実を結ぶことはなかったが、ともかく、じつに興味深い、意外な接点だ。もっとも、20歳のブルース求道者はディランの音楽からはまったくなにも感じとることができず、また、どちらもシャイな性格のせいか、言葉を交わすこともなかったらしい。

翌66年春発表の『ブロンド・オン・ブロンド』を聴いて、クラプトンの気持ちは変わった。《レイニー・デイ・ウーマン#12&35》や《ジャスト・ライク・ア・ウーマン》などを収めた歴史的名盤をきっかけに、ようやく彼は、ディランの音楽に積極的な興味を持つようになったというのだ。彼自身の内面的変化も大きかったのかもしれない。《レオパルド・スキン・ピルボックス・ハット》でロビー・ロバートソンが弾く鋭角的なリード・ギターからも強烈な刺激を受けたはずだ。

自叙伝にはさらに、ディランが翌年ロバートソンたちとウッドストックで録音した『地下室テープ』を、ブートレッグの段階で聴いていたことも書かれている。ディランを媒介に、クラプトンとロバートソンの距離も徐々に縮まりはじめていたのだ。

エリック・クラプトンとボブ・ディラン。以来、さまざまな形で交流を重ねてきた二人の男の関係を語る際に忘れてはいけないのが、ロバート・ジョンソンだ。すでにこのWEB連載で書いたとおり、ジョンソンの最初の作品集『キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ』が発売され、アートスクールに通っていたエリック少年の人生を変えてしまったのは61年。同じころ、ニューヨークに出てきたばかりのディランは、巨匠ジョン・ハモンドから渡されたテスト盤を聴いて衝撃を受けた。そして、何度も、何度も聴き返したという。

ページ制作にあたっての言い訳

まずもって、この個人作成のページは dot. に掲載されたものを、”無断(転載)掲載する記事”であることをお断りしておきます。
私は Eric Clapton のファンであり、1960年代より個人的趣味で音楽を楽しんできた一人として、非常に貴重な資料と思い私の拙いウェブサイトの一角に記したいと思い「無断転載」をしました。著者であります大友氏、関係各位の了承は得てありませんが、日本でも有名なロック・アーティスト … エリック・クラプトンを広く多くの方々の記憶に留めて欲しくてこのようなページを作りました。
非常に第1回〜62回と”長編掲載”になりますが、多くの方にお楽しみ頂ければ幸いです。

プロフィール

大友 博(おおとも・ひろし)
1953年東京都生まれ。早大卒。音楽ライター。会社員、雑誌編集者をへて84年からフリー。米英のロック、ブルース音楽を中心に執筆。並行して洋楽関連番組の構成も担当。ニール・ヤングには『グリーンデイル』映画版完成後、LAでインタビューしている。著書に、『エリック・クラプトン』(光文社新書)、『この50枚から始めるロック入門』(西田浩ほかとの共編著、中公新書ラクレ)など。

道楽親父

  • facebook
  • twitter
gundam-mactanbase.long
新聞トップ
BLOG-Cebu
BLOG-Philippines
代表戸締り役
自宅警備員
bnr-SNN
bnr-JSA
vesmo-titletxt-%e9%80%8f%e9%81%8e

道楽親父

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 不肖 藁科豊 Mactan Base All Rights Reserved.