不肖 藁科豊 "道楽親父"のこれがセブ島(フィリピン)お気楽生活だ … !

第56回 『ミー&Mr.ジョンソン』エリック・クラプトン

スクリーンショット 2015-08-09 7.51.52

2015062400032_1「60年代のはじめにブルースと出会ったころ、あの音楽について理解している人はほとんどいなかった。イギリスではジャズの一部のように思われていたのかもしれない。ロックやポップもすべてブルースのあとから生まれたのだということはよく知られていなかった。僕の場合は、ジミー・リードを聞いてギターの基礎を学び、それから、ロバート・ジョンソンがじつは何十年も前に同じことをやっていたと知った。僕たちが今聴いている音楽の原点として存在した、とても美しい音楽だということを、そうやって知ったわけさ」

 数年前のインタビューで、クラプトンから聞いた言葉だ。ロンドン郊外の静かな田園地帯で生まれた少年は、十代半ばのころ、遠く離れたアメリカ南部で生まれた音楽に深く引き込まれ、あと戻りができなくなった。そして、こうした出会いや発見をきっかけに、クラプトンはかなり厳格な意味でのブルース原理主義者となり、たとえばロバート・ジョンソンのことを知らない人とは会話もしたくないと思ったほどだという。以来さまざまな場で彼は、ジョンソンこそが「もっとも強く刺激され、衝き動かされてきた存在」と語ってきた。

 ブルースブレイカーズ時代に初リード・ヴォーカル曲として録音した《ランブリン・オン・マイ・マインド》、クリーム時代にライヴ・テイクを残し、今もコンサートの定番となっている《クロスローズ》など、クラプトンは初期の段階からそのジョンソンの曲に取り組んできたが、真正面から向きあうことはなかった。94年のフル・ブルース・アルバム『フロム・ザ・クレイドル』でも彼の曲は取り上げられていない。それほど大きな存在だったのだろう。畏れという言葉を使ってもいいのかもしれない。

 ところが2004年の春、まったく突然という感じで、クラプトンからジョンソン作品集が届けられた。タイトルは『ミー&Mr.ジョンソン』。近寄りがたい存在であったはずの《ヘル・ハウンド・オン・マイ・トレイル》や《ミー・アンド・ザ・デヴル・ブルース》、ローリング・ストーンズのヴァージョンがあまりにも有名な《ラヴ・イン・ヴェイン》、03年11月から12月にかけての日本公演でも歌った《ホエン・ユー・ガット・ア・グッド・フレンド》と《カインド・ハーティド・ウーマン・ブルース》(軽い予告でもあったわけだ)など14曲が取り上げられていた。

 セッションに迎えられたのは、スティーヴ・ガッド、ビリー・プレストン、ネイザン・イースト、クリス・ステイントン、アンディ・フェアウェザー・ロウなど。ドイル・ブラムホールⅡはここから正式にクラプトン・プロジェクトの一員となり、さっそく鋭角的なリード・ギターも聞かせている。

 当然のことながら、多くのファンが「ついに」と受け止めたはずだが、じつは、家族をテーマにしたアルバムの制作をスタートさせたものの、うまく進まず、いわば気分転換のために行なったセッションを作品化したのだという。いかにもクラプトンらしいエピソードだ。

 ロバート・ジョンソンとの関係については、わずか9カ月の間隔を置いただけでリリースされた第二集『セッションズ・フォー・ロバート・J』の回でまた詳しく書く。

ページ制作にあたっての言い訳

まずもって、この個人作成のページは dot. に掲載されたものを、”無断(転載)掲載する記事”であることをお断りしておきます。
私は Eric Clapton のファンであり、1960年代より個人的趣味で音楽を楽しんできた一人として、非常に貴重な資料と思い私の拙いウェブサイトの一角に記したいと思い「無断転載」をしました。著者であります大友氏、関係各位の了承は得てありませんが、日本でも有名なロック・アーティスト … エリック・クラプトンを広く多くの方々の記憶に留めて欲しくてこのようなページを作りました。
非常に第1回〜62回と”長編掲載”になりますが、多くの方にお楽しみ頂ければ幸いです。

プロフィール

大友 博(おおとも・ひろし)
1953年東京都生まれ。早大卒。音楽ライター。会社員、雑誌編集者をへて84年からフリー。米英のロック、ブルース音楽を中心に執筆。並行して洋楽関連番組の構成も担当。ニール・ヤングには『グリーンデイル』映画版完成後、LAでインタビューしている。著書に、『エリック・クラプトン』(光文社新書)、『この50枚から始めるロック入門』(西田浩ほかとの共編著、中公新書ラクレ)など。

道楽親父

  • facebook
  • twitter
gundam-mactanbase.long
新聞トップ
BLOG-Cebu
BLOG-Philippines
代表戸締り役
自宅警備員
bnr-SNN
bnr-JSA
vesmo-titletxt-%e9%80%8f%e9%81%8e

道楽親父

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 不肖 藁科豊 Mactan Base All Rights Reserved.