🎵 私は今日まで生きて来ました … “不肖 藁科豊” 明日、11月5日で”62歳”になりますが、私は今、思っています … 明日からもこうして生きていくだろうと ♪

1955年はどんな年だったのでしょうか ?!?
映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」 … ドクが作ったデローリアンのタイムマシンでマーティーが、1955年11月5日に戻るんですよね。映画館で見た私はそのタイム・セッティングに驚いたものでした。

まあ、そんなことはどうでも良いことなのですが、昭和30年生まれの私は「62歳」になってしまったわけで … この世に生まれて来て少しは役に立てたのでしょうか ?

昭和52年春、学生生活も無事に終わり、今で言うところの「I ターン」で地元に戻り就職しましたが、1年後には稼業の事情があり「ビジネスホテルのフロント」に再就職し、以来”約33年間”ホテル業に従事しました。 2010年にホテル廃業に伴い暫くセブ島で隠居生活をしていましたが体調を崩し、現在では「通院生活のため」日本とセブ島の二重生活をしています。

1927年(昭和3年)生まれの母親は9月から高齢者施設に入所して生活していますので、自宅を管理すると言う仕事ができてしまい日本では自宅で生活しています。今回の帰国では嫁は一緒に来ませんでしたので、約1ヶ月の単身赴任をしていますが、この暮らしもあと1ヶ月半 … 12月17日にはクリスマスと新年を嫁の家族と一緒に過ごすためにセブ島に戻る予定です。

仕事をしていた時代は父親の稼業にしがみついて、仕事を終わった今では母親の資産にしがみついて、自分では何もできない人生だったとつくづく情けない人生だったと思っています。

しかし、明日こそきっと … 明日からも頑張ってみれば良いことがきっとあると思いつつ62年が経ってしまったのでしょう。

良いも悪いもた沢山あった私の”しょうもない人生”ですが、嫁と知り合い結婚し、その結婚生活も25年が経ち、良い人生を暮らせてもらっていると言う感謝は忘れません。

両親や嫁さんだけではありません … 関わった全ての人たちのおかげだと思っています。明日からもきっと多くの人たちに支えられながら、残された短いのか長いのか予想もつかない”しょうもない人生”を送っていくのですね。

「ありがとうね ! みんな〜 … “不肖 藁科豊”はそれなりに一生懸命に”しょうもない人生”をやっていきますよ〜 !! 」