昨日(9月12日)にセブ島に約5ヶ月ぶりに戻りました。
はじめて”セブ・パシフィック航空”を使っての帰国でしたが、大変な渡航でした。いつもはフィリピン航空ばかり使っていましたので、成田空港での勝手が大きく違って、出だしから躓いてしまいました。

いつものように”お持ち帰り荷物”はヤマト運輸で空港まで送ってありましたの、まずは荷物の受け取り … 。
次はチェックイン … “セブ・パチ”のケウンターは何処か ?!? それは何と「Qカウンター」 … 嫌な予感は的中 !! 荷物の受け取りは「Aカウンター」の裏側 … “Q”ということは、反対側の一番端っこ … 空港横断でございます。

「12:05」の出発でしたので、2時間前の10:00カウンターオープンだと勝手に思い込み、10時に空港に着いたのが、大間違い !!
セブ・パチのカウンターは時間差でマニラに出発する便とも同時チェックイン … 混むのは当たり前のように大渋滞 … おまけに対応する職員は列を整理するおばちゃん職員とカウンターにはたったの3人と来たもんだ。

いきなり海外ローカル空港会社の”対応の悪さの洗礼”を受けてしまいました。

先発のマニラ便が優先チェックイン、チェックインが終わったのはボーディン時間の15分前、これじゃあお昼どころじゃあなくて、参ったね。
それでも私はいつもの店で「バッテラと穴子寿司」をめでたくゲット … 荷物検査、出国手続き、急いで「97番ゲート」で一直線、ゲート手前の売店で嫁さん用のおにぎりと飲み物をゲットして、ほぼ最終の搭乗客として席に着きました。

席は入口のすぐ脇 …「1Bと1C」何と仕切りの壁もなく働くCA の監視役みたいな席でした。まあ、足元は自由だし、席はリクライニングするし … 良しとしますか ?? ってもんですね。


画像の縦・横が変ですがお許しを…

出発時刻 … その後、何があったのわかりませんが ? 成田空港を離陸したのは日本時間の「13:10」でしたね。
私は手持ちの食料をきれいに平らげて、約3時間穂を眠ってしまいましたので、その後の機内のことは全くわかりません。眠っていたので揺れも感じずに普通のフライトでセブ・マクタン国際空港に到着しました。5ヶ月前に見た新し空港建物の進捗状況はフィリピン並”ぼちぼち”それなりに建設は進んでおたようです。あくまで、”外観骨組み”だけです。実際に私たちが利用できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですね。

生きているうちに利用して見たいと願っています。

その後、嫁の弟運転のお迎えジプニー(ダンボール荷物が2箱あるので、乗用車では無理なのです。何故か学校帰りの下の姪っ子が乗っていた ?!? )で排気ガスが充満する夕方の渋滞道路(セブ島を実感)を約45分かけて自宅に到着 !!

盛大な歓迎パーティはありませんが、親しい者だけで嫁のお持ち帰り荷物の「開封の儀」 … この日は朝から行動していましたので、疲れていましたので午後10:00 には引き上げてもらって、家で談笑後、就寝としました。

朝は年寄りですから、6:00に起床 … 暑い !!

昨夜同様、今朝もインターネット接続はありません !

「おっと」ネットがありましたので、大好きなYouTube DHCの「虎ノ門ニュース(ケントギルバート・半井小絵)」を見ています。

早くアップしておかないとまた繋がらなくなっちゃいますかね !! ??