人生旅の途上、何だろな 〜 ?!? 残された親父の人生はどのくらいあるのだろうか ?!? 何にしても楽しくやろうよ !!

MG RGM-96X JESTA

MG 1/100 RGM-96X JESTA

E.F.S.F. Special Operations Mobile Suit

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツ。
UC計画の「要」として生まれた機体で、ジェガンの基礎技術を基にしている。主な役割は同計画の中核たるユニコーンガンダムが敵のニュータイプを一対一で戦い、撃破できるようにする為の「露払い」及びデストロイモード終了直後の同機の援護である。その為、どんな状況でも力を発揮できる標準的な運用を可能とするだけの高い性能を持たされた。これにより、本機は「スペシャル・スタンダード(特別な標準)」な機体であるとされている。
肩部や脚部には厚い装甲が取り付けられた事で、スリムな体型だったジェガンとは対照的に本機はかなりマッシブな体型となっている。同時に重量も増加しているが、本機自身の「要」として新たに開発されたバックパックのおかげでユニコーンガンダムに追いつけるだけの凄まじい機動力を持つ(バーニアはたった2基しか設置されていないが、それを実現できる程の推力を発揮する)。このバックパックは本機に用意された様々なオプション装備が自在に追加できるよう考慮して設計され、高い機能拡張性を持つ。
頭部にはヘッドギア型の大型マルチセンサーとカメラユニットが搭載され、どちらも最新技術を多数使用した事で複数の敵機を即座に感知・捕捉できるようになっており、その性能は並みの量産機とは比較にならない。
マニピュレーターも技術革新によって性能が向上しており、既存の機体のそれとは基本的な構造に大差はないが、内装部品は最新式の物を使っている為に駆動部の繊細さは比べ物にならず、敵機を殴りつけても全く機能に支障が出ない程の耐久性も備えている。

本機はジェガン系の上位機種にも位置づけられ、カタログスペックではνガンダムが持っていた性能の9割程度にまで達している事もあって、それに相応しい高性能機となっている。一方で、その与えられた役割から「敵に確実に攻撃を命中させられ、同時に敵の攻撃を確実に回避できる」だけの技量を持ったパイロットが乗り込む事を前提としている。

RGM-96X ジェスタ(Jesta)

登場作品:機動戦士ガンダムUC
デザイナー:カトキハジメ
分類:量産型モビルスーツ
装甲材質:チタン合金ハイセラミック複合材、ガンダリウム合金(一部)
全高:19.3m
本体重量:24.8t
主動力:熱核融合炉
ジェネレーター出力:2,710kw
スラスター総推力:89,030kg
センサー有効半径:14,200m
開発組織:アナハイム・エレクトロニクス社
主なパイロット:ナイジェル・ギャレット、ワッツ・ステップニー、ダリル・マッギネス

My GUNDAM Collection からの画像

PAGETOP
Copyright © 不肖 藁科豊 Mactan Base All Rights Reserved.