何だろな 〜 ?!? 人生楽しくやろうよ !!

PG MS-06S ZAKU

MS-06S ZAKU CHARA

COMMANDER TYPE

指揮官用ザクII(ザクII S型)

諸元
指揮官用ザクII(S型)
ZAKU II COMMANDER TYPE
型式番号 MS-06S
頭頂高 17.5m
本体重量 56.2t
全備重量 74.5t
装甲材質 超硬スチール合金
出力 976kw
推力 51,600kg
武装 120mmザク・マシンガン
280mmザク・バズーカ
ヒートホーク 他
搭乗者 シャア・アズナブル
ノイエン・ビッター(小説版)
黒い三連星
ジョニー・ライデン
ギャビー・ハザード
ロバート・ギリアム

アニメ『機動戦士ガンダム』に登場する「シャア専用ザク」に、『ガンダムセンチュリー』や『MSV』などでの設定が付加されたもの。主に中隊長以上の士官に配備されたためにこの名称で呼ばれ、中隊長用、士官用などとも呼ばれるほか、型式番号の「MS-06S」からS型とも呼ばれる(機体名に関しては#名称を参照)。

F型の総合性能向上型[66]で、指揮官やエースパイロット向けに配備された。F型の30パーセント増しの推力を発生するが、燃料の増量は行われていないため、相対的に稼働時間が短くなっている[67] 。また、指揮官用に通信能力を強化するため、ブレードアンテナが標準装備となった。特に改造も必要なく、宇宙と地上の両方で活動が可能。生産数は約100機ほどだという[68]。

外観の形状は、アニメ本編上ではS型と量産型(F型やJ型)ではアンテナの有無以外の識別点がなかったが、バンダイのプラモデル「1/100 マスターグレード MS-06S ザクII」で、各部の姿勢制御サブスラスターや、ランドセルのバーニアがF型に比べて増加・大型化している、という形で初めて量産型との外観上での違いが設定され、パーフェクトグレードでもそれを踏襲している[注 25][注 26]。いくつかの作品の劇中では量産型にブレードアンテナをつけた指揮官機も存在し、劇中でブレードアンテナを装備したザクIIが全てS型とは限らない[注 27]。

指揮官はパーソナルカラーへの塗装を許されており[69]、特に有名なのが、シャア・アズナブル少佐が搭乗した機体である。シャア専用機は「赤い彗星」の名の通り全身を赤系統(サーモンピンクとワインレッド、ただしHGUCではワインレッドではなく茶色など、模型商品によっては細かな差も見られる)で塗装している。

PAGETOP
Copyright © 不肖 藁科豊 Mactan Base All Rights Reserved.