貴方はこれから未来を考えるタイプですか ?!? 私は終わりから現在を考えるタイプです。

私に残された時間はあと … 現在、男性の平均寿命は80歳を超えたようだ。今年の誕生日が来ると62歳なので … 単純計算であと、18年だ。一日24時間 … 1年365日で〇〇時間 … 自分は何をして最後を迎えることになるのかな ?!? まだ高齢(89歳)の母親を看取ってもいないのに”何を考えているのかな”とも考えるが、自分の人生だから考えざるを得ない。

最近、特に言われていることですが、年金と蓄えで生涯生きていけますか ?!? という重大な問題ですが、これもまた頭を悩ませる大きな問題です。病気がちの私は何時病気や事故で死んでしまうかわかりませんので、”減額”を承知の上で今年から年金を早期受給(62歳)することにしました。 … もう直ぐだ !!

私にとって”すごくありがたい”のは母親が遺産を残してくれることが分かっていることだ。25年前に亡くなった父親からの相続分や遺族年金の蓄え、自宅家屋敷がその原資である。両親に深く感謝しよう ! 母親が一生懸命に残してくれるものも、どうせ私のことだから、無駄使いしちゃうんだろうけれどね ^o^:: “ごめんなさい !!”

それもこれも健康でなければ享受できません。膵臓を患いましたので、もう何年も前に「飲酒」は止めましたが、しっかり喫煙はしています。そろそろ健康のために「禁煙」しようかな ?!? 今更遅いかな ?!?

先日、嫁との結婚25周年を迎えたばかりだが、日本での仕事を終わりにして以来、フィリピン・セブ島にお世話になっている。フィリピン人(日本人にしてみれば外国人)を嫁にして生きてきたので、それも仕方ないことであると思っている。(言い方を変えれば、”お世話になる場所があるだけ幸せである。”と思っている。)

2017年9月現在は体調との折り合いもあり、月一度も検診が欠かせない体であるので、昔のように「セブ島長期滞在生活」を気長に送るわけにはいきません。1ヶ月に1度の往復生活は体にも財布にもよろしく(優しく)ありませんが、それも私に課せられたさだめと思い、痩せた体に気合を入れて、お金は切り詰めて何とかやっています。

そんな生活の中で趣味の模型作りやインターネット遊び、月に一度の日本とセブ島の往復時間を楽しんでおります。

模型作り …

私の場合には”定年退職後”ではありませんが(実際には倒産、自己破産後)、60歳過ぎに子供の頃を思い出しながら再開した趣味でございます。もともと物つくりは嫌いではありませんので、のめり込むには時間はかかりませんでした。今では嫁には「そんなに買い込んでどうするの ?!?」と言われる始末です。

でも、色々あって楽しいんですよ … モデルの選定から製作過程の妄想、資料集め(昔はありませんでしたが、今ではインターネット上に溢れる資料) … 企画構成 … 完成、これが良いんだな !!

インターネット遊び …

自分で管理するウェブサイト
不肖 藁科豊
道楽親父の秘密基地
FaceBook 藁科豊

これらは人生の”備忘録”といったところでしょうかね ?!?

田舎とセブ島の往復時間 …

色々なことをインターネットで調べて、予約する。これもまた「頭の体操」ではないのですが、呆け始めた頭と指先の健康を維持するための「呆け防止頭の体操」なんですよ。

今日(22日)は知り合いと「午後のお茶」を楽しみ、24日は渋滞のない街を抜け、馴染みのコーヒーショップで美味しいコーヒーとお昼を頂く予定で御座います。もちろん最近は車の運転をしませんので、嫁さんに送ってもらいます。(歳をとっちゃったかな ?!? 今の私にはセブ島の渋滞の中を走り抜ける自信がありません !)